ホーム奥の細道 ⇒ 奥の細道 「草加」 品詞分解

奥の細道 「草加」 品詞分解

Sponsored Links
「奥の細道」 「草加」の品詞分解です。

助動詞・用言(動詞・形容詞・形容動詞)を品詞別に色分け表示。
敬語(動詞・助動詞)も別途色分け表示。

助動詞=赤
動詞=青
形容詞=黄
形容動詞=紫
敬語(動詞・助動詞)=緑

■現代語訳や語句・文法などの解説は別サイトからどうぞ。
《⇒解説サイトへ行く》


奥の細道 草加

作者=「松尾芭蕉」 ジャンル=「紀行文」 成立=「江戸時代前期」


◆ことし元禄二年にや、奧羽長途の行脚ただかりそめに思ひたちて、呉天に白髪の恨みを重ぬといへども、耳にふれていまだ目に見ぬ境、

ことし 【名詞】

元禄二年 【名詞】

に 【助動詞】 断定「なり」の連用形

や 【係助詞】

奧羽 【名詞】

長途 【名詞】

の 【格助詞】

行脚 【名詞】

ただ 【副詞】

かりそめに 【形容動詞】 ナリ活用「かりそめなり」の連用形

思ひたち 【動詞】 タ行四段活用「おもひたつ」の連用形

て 【接続助詞】

呉天 【名詞】

に 【格助詞】

白髪 【名詞】

の 【格助詞】

恨み 【名詞】

を 【格助詞】

重ぬ 【動詞】 ナ行下二段活用「かさぬ」の終止形

と 【格助詞】

いへ 【動詞】 ハ行四段活用「いふ」の已然形

ども 【接続助詞】

耳 【名詞】

に 【格助詞】

ふれ 【動詞】 ラ行下二段活用「ふる」の連用形

て 【接続助詞】

いまだ 【副詞】

目 【名詞】

に 【格助詞】

見 【動詞】 マ行上一段活用「みる」の未然形

ぬ 【助動詞】 打消「ず」の連体形

境 【名詞】
◆もし生きて帰らばと、定めなき頼みの末をかけ、その日やうやう草加といふ宿にたどり着きにけり。

もし 【副詞】

生き 【動詞】 カ行上二段活用「いく」の連用形

て 【接続助詞】

帰ら 【動詞】 ラ行四段活用「かへる」の未然形

ば 【接続助詞】

と 【格助詞】

定めなき 【形容詞】 ク活用「さだめなし」の連体形

頼み 【名詞】

の 【格助詞】

末 【名詞】

を 【格助詞】

かけ 【動詞】 カ行下二段活用「かく」の連用形

そ 【代名詞】

の 【格助詞】

日 【名詞】

やうやう 【副詞】

草加 【名詞】

と 【格助詞】

いふ 【動詞】 ハ行四段活用「いふ」の連体形

宿 【名詞】

に 【格助詞】

たどり着き 【動詞】 カ行四段活用「たどりつく」の連用形

に 【助動詞】 完了「ぬ」の連用形

けり 【助動詞】 過去「けり」の終止形


◆痩骨の肩にかかれる物、まづ苦しむ。

痩骨 【名詞】

の 【格助詞】

肩 【名詞】

に 【格助詞】

かかれ 【動詞】 ラ行四段活用「かかる」の已然形

る 【助動詞】 存続「り」の連体形

物 【名詞】

まづ 【副詞】

苦しむ 【動詞】 マ行下二段活用「くるしむ」の終止形


◆ただ身すがらにと出で立ち侍るを、紙子一衣は夜の防ぎ、浴衣・雨具・墨・筆のたぐひ、あるはさりがたき餞などしたるは、さすがにうち捨てがたくて、路次の煩ひとなれるこそわりなけれ。

ただ 【副詞】

身すがら 【名詞】

に 【格助詞】

と 【格助詞】

出で立ち 【動詞】 タ行四段活用「いでたつ」の連用形

侍る 【動詞】 ラ行変格活用「はべり」の連体形(丁寧の補助動詞)

を 【接続助詞】

紙子 【名詞】

一衣 【名詞】

は 【係助詞】

夜 【名詞】

の 【格助詞】

防ぎ 【名詞】

浴衣・雨具・墨・筆【名詞】

の 【格助詞】

たぐひ 【名詞】

あるは 【接続助詞】

さりがたき 【形容詞】 ク活用「さりがたし」の連体形

餞 【名詞】

など 【副助詞】

し 【動詞】 サ行変格活用「す」の連用形

たる 【助動詞】 完了「たり」の連体形

は 【係助詞】

さすがに 【形容動詞】 ナリ活用「さすがなり」の連用形

うち捨てがたく 【形容詞】 ク活用「うちすてがたし」の連用形

て 【接続助詞】

路次 【名詞】

の 【格助詞】

煩ひ 【名詞】

と 【格助詞】

なれ 【動詞】 ラ行四段活用「なる」の已然形

る 【助動詞】 完了「り」の連体形

こそ 【係助詞】

わりなけれ 【形容詞】 ク活用「わりなし」の已然形

Sponsored Links
関連記事
 
カテゴリ
ブログ内検索
全投稿記事
このブログについて
  • Since 2015/03/30